【必見!!】オウム返しを効果的に使って恋人を3人作る方法

・オウム返しを使って会話を弾ませたい
・オウム返しを使って信頼を得たい
・オウム返しをマスターしてやりたい

そんな結果を手に入れたいあなたへ!!

この記事は、人間関係が苦手だ。話すのがすごく苦手だ。こんな問題を抱えた人に向けて書いています。なぜ、オウム返しについての記事を書こうと思ったかというと、オウム返しは会話を途切れさせない魔法の方法だからだ。

このサイトの目的は、心理学を使って、人を成功に導くことだ。だから、あなたにも人との会話の苦手を克服し、より良い人間関係を気づけるようにしてもらいたい。そこで1つお願いがあります。このサイトで学んだ知識は実際に使ったり、実践することを前提に学んでほしい。

なぜなら、読んだだけでは、あなたの時間を消費しただけで、なにも変わらないからだ。もし、あなたがただたに、知識だけを知って変わりたくないヘタレ野郎なら、このサイトから立ち去ってもらって構わない。

すこしでも会話の苦手を克服したり、相手に信頼されるようになって女子に人気になりたいという人は、深呼吸を3回して、リラックスして読み進めてください。リラックスして読むことで、頭の回転が良くなって、記憶力もよくなります。

オウム返しとは?

オウム返しとは、相手の言葉を、要約して、繰り返す返答方法のことです。バックトラッキングと言ったりもします。相手の言葉を要約して繰り返すことで、相手は、あ、ちゃんと聞いてくれているんだ!って感じてくれます。特に、男性は自分の意見を言いうことに必死で、女性の話を聞かない傾向があるので、そんな人は、バックトラッキングをして相手にちゃんと聞いているよアピールをして、それから、僕はこう思うよって言った方がいいです。

また、要約するだけではなくて、気になったことを、それについて詳しく教えてもらえる?というと、話はさらに広がります。会話の目的は、相手とのコミュニケーションです。会話をして、お互いの情報を出し合って、お互いの関係を深めていきます。

で、ちょっと考えてみてほしいんです。

相手と関係を築きたい場合、話しまくった方がいいのか、聞くことに徹したことがいいのか、どっちだと思います?こう聞かれると、聞くことに徹した方がいいと答えるかもしれません。ですが、実際の会話で聞くことに徹している人がどれだけいるでしょうか?会話は自分が話すことに集中していませんか?できれば、より多く話して、相手を説得したい。相手に認められたい。なんて無意識に思っていませんか?

人と信頼関係を築くのには、話すのが苦手でもぜんぜん大丈夫です。理由は、相手に話させた方が相手から多く情報を引き出せるからです。なので、オウム返しをすることで、相手に聞いているよアピールをして、さらに話させれば、相手の情報がどんどん集まります。で、ちょっとオウム返しの話からは、逸れますが、”共通点”を探すんです。

聞き手に徹して、共通点を見つけて、相手から自分との共通点をみつけだしたら、もうこっちのもんです。その話題に繰りついて、共通する趣味、嗜好について気軽に話してください。あっという間に話が盛り上がってあなたと相手にラポールが生まれていることでしょう。

オウム返しの具体例

では、ちょっとタイトルで、恋人を3人作ると書いてしまったので、女性に免疫がない人がこの記事を読んでいると思うので、女性に声をかける時にオウム返しを取り入れる方法をお教えしましょう。

そうそう。女性に声をかける場合は本屋さんがおすすめです。なぜなら、共通の話題が見つけやすいからです。たとえば、自分の好きなことに関する本のコーナーに行くとします。英語のコーナーにしましょうか。英語のコーナーに、背が低くて、色白で、黒髪で、目が大きい、女子大生っぽい女の子が来たとしましょう。

ここで、すこし距離を取って、相手を分析します。ここで、ポイントは相手のしぐさを真似すること。ミラーリングという技術です。本を手に取る。本をもどす。本を選ぶ。怪しまれないようにしぐさ、行動を真似ます。しばらくして、本を見入っている時に、こう話かけてください。「あなたは本を読んでいるのですか?」ポイントは事実を言う事。相手は、事実を言われると、YESとしか言えなくなります。相手が、「はい」って言ったら、また、「英語の本を読んでいるのですか?」と聞いてください。そしたら、また「はい」って答えるはずです。

YESを引き出すYESセットという技術です。そしたら、「僕も英語に興味あるんです。ちょっとお茶でも?」みたいな感じで、切り出してください。YESを2回続けたので、3回目もYESと言いたいはずです。でも、たまに、断られそうになる場合があります。

相手が「ちょっと忙しいので」と返してきたとしましょう。で、ここでオウム返し。「忙しいんですか?」すると、相手は、自分で反芻します。【本屋に来ているくらいだから忙しいわけではないはず】ここで、なんでもいいので、話しかけてしまった理由やお茶したい理由を話してください。理由を言う事はけっこう大事です。

あとは、相手次第です。じゃぁ、いいですよ?ってなるか、断られたら、くれぐれもあんまりしつこくしないでくださいね?あなたはタイプの男じゃないってことなんで、怖いだけですから。理由として言うのは、とにかく理由になっていればいいので、「君においしいコーヒーをおごりたっかったんだ。おごられてくれない?」「美人すぎて、話かけないと後悔すると思って話かけたんだ。今、忙しいなら、LINEでも交換しない?」って言ってもいいかもしれないです。

オウム返しの方法

オウム返しの方法、まずは、相手の話をよく聞くことです。そして、相手の言葉を短く要約するか、相手の言葉をそのまま繰り返します。最後に、相手についてより詳しく聞くか、自分の意見を言うか決めます。

相手の話をよく聞く

これが一番重要です。相手の話をよく聞くこと。ポイントとしては、共通点を探すことです。もちろん、相手の言葉を繰り返すことも大事です。ですが、人が仲良くなるには、共通点探しが一番いいというのは周知のことだと思います。なので、相手の話を聞くときは、共通点を探して下さい。本当に好きとか大好きじゃなくても、やったことある~くらいで話は盛り上がると思います。

たとえば、釣りが好きな相手だとします。別に好きじゃなくても、1度でも釣りに行ったことがあれば、相手は釣りについてガンガン話し始めるでしょう。専門知識や通な知識を披露してくるかもしれないです。そんなときは、それなに?詳しく教えて?って聞き直してあげてください。相手は楽しくなって、さらに自慢の知識を全開してくるでしょう。

相手の言葉を繰り返す

この相手の言葉を繰り返すのは、相手に自分の言葉を反芻させる意図もあります。たとえば、カウンセリングの時、カウンセラーはバックトラッキングをします。すると、クライアントは自分の言葉を客観視し始めます。すると、スッと悩みに気がつけたり、考えが変わったりする場合があります。ただたに、相手の言葉を真似しても、不快に思われる場合もあるので、あなたはそういう意見なんだ~って言ったり、つまりはこういうことかい?って言い直してあげてもいいかもしれません。

また、オウム返ししてから、反対意見を言う場合、相手の意見にちょいと賛成してから、自分の意見を言うと、喧嘩腰にならずに、相手を説得することができます。

まずは、話を聞くことから

男女の会話において、女性の方が大概記憶力がいいです。なぜかと言うと、女性は男性を記憶力の良さで判断するからです。自分のことについてどれだけ覚えているかどうかが相手をパートナーに選ぶ最優先事項のわけです。だから、もし、女性と仲良くなりたいなら、女性の会話をよく聞いてなるべく覚えておくようにしましょう。

マインドカルテと言いますが、その人との会話をメモっておきます。好みの女性がいたら、その人とした会話をメモリます。全部メモる必要はないです。誕生日、好み、好きな異性のタイプなどが優先です。好きなタイプを聞いたら、そのタイプの人を真似すれば、あなたが好きなタイプになれるわけです。

次会った時に、そのメモを覚えておいて、この前こう言ってたよね~なんて切り出せば、あ、この人は私のことを覚えてくれていると一目置かれること間違いなしです。

まとめ

オウム返しができるようになれば、会話が途切れなくなるということを理解してもらえたのではないでしょうか?まずは、相手の話をよく聞くこと。そして、相手の言葉を繰り返したり、要約したりします。相手にちゃんと聞いていることをわかってもらうためです。

話すのが苦手でも、オウム返しができれば、相手と信頼関係を築くことができます。もはや、僕はあまり話せない人の方が、信頼されやすいのでは?と思います。適切に質問することで相手との共通点を見つけて、人といい関係を気づいてくださいね。

最後に、人は誰とでも仲良くなれるわけではありません。100人いたら、50人はあなたのことは好きにならないかもしれないし、下手したら、99人は友達にはなれないかもしれません。ですが、僕は1人の信頼できる人さえいれば、幸せになれると思っています。

その1人を2人、3人と増やすために、オウム返しを会話に取り入れてみてください。今は、人間関係に不安があるあなたでも、あなた次第でいい人間関係は作ることができます。なぜなら、僕もそうだったからです。小中学校の時は、ひとりも友達がいなくて、ずっとハブでした。人と話すのが苦手すぎて、人と話すと顔が赤くなるのが恥ずかしくて、いつしか人と話すのを避けてしまっていたんです。

でも、心理学を学んで、人間関係を良くする方法を学んで、別に、嫌われる人には嫌われるから、自分を受け入れてくれる人だけを大切にしようと思えるようになってから、なぜかいい人間関係が作れるようになったんです。

あなたがより良い人間関係を作って、幸せになることを心からお祈りしております。

信頼関係構築コーチ&恋愛アドバイザー だいき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする