ショーンエイカーのTEDスピーチを聞いて幸せになる方法を考えた

この記事はこんな人に読んでもらいたいです。

・幸せを感じられていない人

・成功しているのに、不幸のままな人

・成功も幸せも両方欲しい人

さきほど、ある動画を見ました。

その動画というのが、ショーン・エイカーさん[Shawn Achor] 

“The Happiness Advantage: Linking Positive Brains to Performance”

というTEDの動画です。

日本語で

【幸せかどうかはポジティブな脳の働きに直結している】

です。

この記事では、この動画を見て、役にたつ!

と感じたところをまとめたものを紹介しています。

こんなことを得ることができます。

・成功する方法が見えてくる

・幸せになるための習慣が身につく

それでは、本題に入っていきます。

頑張っても頑張っても幸せになれない原因とは?

あなたはこう思っていませんか?

「頑張れば成功できる」

そして、

「成功の先に幸せがある!」

まさに、そうだろ!って思ったあなた。

あなたは一生幸せになれないかもしれません。

なぜかというと、

成功は、更新されるからです。

どういうことか説明しますね!

たとえば、ちょっと思い出してほしいのですが、

学校のテストがあったとします。

頑張って90点を取りました。

いままでの最高点です。

お母さんとお父さんにそのテストを見せます。

すると、どうでしょう?

「お!いいね~でも、もっといい点とれるよ!」

手放しに喜んでくれないでしょう。

それに、仮に初めて90点を取れば褒めてくれます。

ですが、2回、3回ととれば、

それが当たり前になって褒めてくれません。

実は、このテストのお話。

【成功】に置き換えて欲しいんです。

たとえば、あなたは営業ですごい成功を収めました。

でも、その成功に終わりはありません。

もっと上を目指せ!その成功を継続しろ!

こうなります。

でも、ちょっと思い返してみてください。

大成功すれば、幸せになれるんですよね?

でも、成功はすればするほど、上書きされていく!

これでは、はい!

一生成功できないのは、明白だと思います。

幸せという感情はただの脳の処理でしかない

頑張って成功しても、幸せになれないと聞いて、

こう思いませんでしたか?

「じゃぁ、どうすれば幸せになれるんでよ!」

安心してください。説明していきますね。

ショーン・エイカーは幸せは脳の処理によって決まる。

と言っています。

どういうことかというと、

すべては脳がキャッチする情報の受け取り方で

幸か不幸か決まるということです。

たとえば、超絶ストレスフルな状況下でも、

最高に幸せだ~って思えれば幸せになれます。

仕事がうまくいってなくても、

これは試練だから乗り越えれば最高になれる!

満員電車が最悪でも、

俺は頑張っている、えらいぞ!

って思えれば、苦ではなくなります。

記憶は、情動記憶をもとに作られています。

感情を伴った記憶のことです。

でも、この情動記憶は負の記憶。

嫌な記憶の方がより鮮明に覚えているんです。

だから、なにか嫌なことがあると、

過去の同じような嫌だった時の記憶の方が

出てきやすいんです。

だからこそ、

こう考えてみてみるといいかもしれません。

幸せも不幸もただの感情でしかない。

これは、個人的によくやっている視点を高く持つ。

抽象的に物事を考えることと同じです。

幸せと感じるのも、不幸と感じるのも、

自分の捉え方次第だとわかれば、それを変えること

ができるんだ!と思えるようになります。

自分の脳の使い方次第で、いくらでも幸せに?

なれちゃうんです!!

現状に幸せを見出すと脳が37%覚醒する

そして、ショーン・エイカーの動画では、

こんなデータも紹介されていました。

現状に満足して、幸せを見出すと、

脳の機能が37%も良くなるというものです。

どういうことでしょうか?

成功を目指していると、

さきほども例えたように、どんどん次へと

挑戦していくため満足はありません。

だとすれば、成功を目指さない方が幸せ!

ということも言えるということです。

さらに、上を目指すのではなく、

現状に満足することで脳の機能が覚醒します。

成功しやすくなるってことなんです。

頑張るな。成功するな。というわけではなく、

気持ちの持ち方です。

日々満足を感じて、ポジティブな状態を保つ習慣を

つければ、自然に成功するということです。

成功も幸せも掴む3つの習慣とは?

最後に、自然に成功しやすくなる状態を作り出す

ポジティブな習慣を3つ紹介していきます。

心理学の行動変容の分野では、基本的に1つの新規の

行動を身につけるのに、21日くらいかかると言われています。

成功習慣を身につけるために、21日間騙されたと思って、

実践してみてください。

感謝すること

1つは、

毎日、ありがたく思う事を新たに3つ書く日記をつけること。

これは、24時間以内に起こった

ポジティブなことを追体験することで、

だんだん前向きに物事をとらえられるようになります。

運動すること

体を動かすとリフレッシュして、

ストレスを軽減する効果があります。

また、体を動かすことはいい事だ。と思えるようになると、

行動することがいいことだと思えるようになります。

瞑想すること

瞑想を毎日5分やるだけで前頭葉の働きが

良くなるとも言われています。

前頭葉は抽象的に物事を使う時に

活発に働きます。

瞑想で前頭葉の働きが良くなれば、どんどん視座が

高くなって、行動できるようになります。

まとめ

★成功したら幸せになれるは間違え

★幸せは脳の使い方次第

★現状に満足すれば、脳の機能37%アップ

★感謝を毎日3つ書き起こすこと

★運動と瞑想すること

習慣化するまで21日間は続けましょう!

行動を変えなければなにも変わりません。

あなたの幸せと成功を願って、

この記事を終わりたいと思います。

日本のトップコーチ 大毅

僕の自己紹介は次のページ→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする