原因と結果の法則で90日で自分を変えないかい?

・原因と結果の法則について知りたい人

・自分を変えたいけど、どうすればいいかわからない人

に向けてこの記事を書いています!それ以外の人は見ないでください。

さて、この記事を読んでくれているあなたは、すでに「原因と結果の法則」

について少なからず耳にしたことがあるでしょう。

でも、もうすこし詳しく知りたいとか、実践的な方法を知りたいと思います。

この記事では、【原因と結果の法則】の解説と日々の生活を生かす方法をお教えします。

1度、深呼吸して、リラックスしてから、気軽に読み進めてくださいね。

この記事を読み終えて、

「原因と結果の法則ってすげぇ!こんな使い方できるんだ~!」

って思ってくれたら、幸いです!!

あ、別に変わりたくないわ~って人は最後まで読まなくてもいいですよ?

原因と結果の法則とは?

原因と結果の法則とは、イギリスの作家アール・ナイチンゲールさんが書いた著書です。

ジェームズ・アレンさんはこんな人です。Wikipediaに依れば、イギリスで生まれ育ちますが、若くして父親が他界。学校も辞めなければいけなくなり、家族を養うために一生懸命働きます。企業の秘書として働いた後、作家として著作を出版。2作目で代表作となったのが、『As a Man Thinketh』これを、日本語訳にしたのが、「原因と結果の法則」です。1902年に書かれたにも関わらず、いまでも世界中で売れ続けています。日本でも、50万部を超えるベストセラーです。

原因と結果の法則の内容

僕は、原因と結果の法則をはじめて知った時、人に教えてもらいました。その時、こんなことを教えてもらいました。「選択した結果が自分の人生を決めているんだよ?」「君の過去の選択の結果として、今の君の人生があるんだ。」そして、カレーライスのお話をされました。「カレーライスを作るためのは、材料がいるでしょう?」「材料がないと、カレーは作れない。」「成功したいなら、成功するための原因が必要なんだ。」あなたの得たい結果を得るために、何かを変えて原因を作らなければ、いい結果は絶対に得られません。

すべて自分の選択次第で変えられる。ということです。そして、こんなたとえ話もあります。人生は好きなものを好きなだけ食べられるレストランみたいなものなのに、みんな注文をしない。と。どういうことかというと、本当は自分の選択次第で不可能なことはないはずなのに、自分であきらめたり、できない理由をつけたりして、注文をしないんです。たとえば、幸せになりたい。と言ったところで人によって幸せと感じることなんて千差万別です。お金持ちになりたい!と言っても、いくら資産があって、いくら稼いでいたらお金持ちなのでしょうか?

ポイントは、しっかり明確に目標や得たいものを決めることなんです。
しっかり明確に目標を設定しないと、叶うはずないんです。

想像してみてください。

世界のあらゆる料理をマスターした超一流の料理人がいて、その人は世界のあらゆる食材を準備しています。ですが、お客さんはこう言います。「なにかおいしいものを作ってくれ!」そう言われても、料理人は困ってしまいますよね?おいしいものってなに?あなたの好みなんて知らないよ!っていうツッコミが聞こえてきそうじゃないですか?これと同じことがあなたの人生でも起こっているかもしれません。

夢、目標があやふや過ぎたら、一生叶うはずがないんです。そして、お腹を空かしていること。これも重要です。どんなにおいしい料理が出てきても、おなかがいっぱいだったら、食べられませんよね?これは、時間のたとえです。目標を立てる時、みんなやりことを決めて、よし!これをやるぞ!って張り切ります。でも、これだと、やることを増やすことになります。これだと、自分の容量をオーバーしてしまって、パンクしてしまいます。何か、これをやるぞ!って決めたら、何かやらないことも決めないといけません。時間の断捨離です。究極にいえば、目標に関係ない時間を極限まで減らせば、最高の時間の使い方ができますよね。

原因と結果の法則実践方法

ここから、原因と結果の法則の実践方法をお伝えしていきます。原因と結果の法則の実践方法は3ステップあります。ステップ1は、すべては自分に原因があると思う事。ステップ2は、悩みの原因を探ること。ステップ3は、原因を取り除くこと。この順番で実践していくことで、あなたは1歩づつ成功に近づいていけるでしょう!

ステップ1 すべては自分に原因があると思うこと

現状うまくいってようが、行ってなかろうがすべて自分に原因があると考えます。今の現状があるのは、すべてあなたの過去の選択によってできています。よくこんな人がいます。現状にブツブツ不満を言っている人。自らサラリーマンを選んでおいて、会社に行きたくない。仕事だるい。などと不満を言う人。いやいや、あんたが自分で選んだ道だろ?って誰かにお尻を打たれそうですよね。「現状に不満を漏らして、自分の責任から目を背けるのはやめましょうよ!」すべてはここから人生が始まります。

まずは、あなたの現状がどんなあなたの過去の選択によってできているのか真剣に思い起こしてみてください。そして、なぜその選択をしたかも考えます。その選択に妥協はありませんでしたか?適当に人に流されていませんでしたか?もし、そうだったとしても、すべて自分に原因があるんだ!って考えてください。すべて自分の選択次第なんだって心の底から真剣に思えるようになると、こう考えられるようになります。「すべて自分次第で変えられるんだ!」本当に自分の人生に責任をもち、自分の選択に原因があったんだって気がつけると、自分ができないと思っていたことは、実は、自分の選択した判断でしかないことがわかると思います。

できるかできないかではなく、あなたができると判断するかどうかでできるかどうか決まるんです。

ステップ2 悩みの原因を探ること

そして、まったく不満や困ったことがない人はこの先読み進める必要ないんですが、そうでない人はなぜ?自分が困っているのか、なぜ?自分が現状に不満を抱えているのか考えます。過去のどんな選択が現在のあなたに悪い影響を与えてしまっているのでしょうか?

ステップ3 原因を取り除く

原因を突き止めたら、その原因を取り除く方法を考えます。たとえば、あなたは20代後半でサラリーマンをしているとします。現状に不満があって会社を辞めて独立したいと思っています。でも、どうしたらいいかわからないし、誰かに相談もできずに悩んでいたとします。そこで、まず、不満の原因を明確化。しっかり定義します。さきほども例を挙げたように、あいまいではなにも手に入りません。何が不満なのか考えます。

収入が不満なのか。上司との関係が嫌なのか。時間的拘束が嫌なのか。それとも、より成長したいからなのか。そして、それをどういう状態にしたいのか、詳細に決めていきます。収入面で困っているなら、副業を始めることかもしれませんし、この場合はどんな副業で、どのくらいの時間で、どのくらいの収入を得たいのかしっかり決めます。そうではなく、もっと圧倒的な収入を得たいのなら、副業ではとても叶いません。その場合は、起業するのが最善の手かもしれません。その場合も同様しっかり詳細まで決めます。

得たい状況をしっかり定義したら、それを達成するために必要な行動と無駄な行動を思いつくだけ考えてみてください。毎日、30分目標のために時間を使うと決めたら、その時間を抽出するための時間を断捨離してください。30分のスマホゲールの時間を辞めるのか、朝30分早く起きるのか。1つ1つ時間の使い方を変えていけば、どんどんあなたの夢は近づいてくると思います。

まとめ

重要なところをもう1度まとめておきますね!

・原因と結果の法則は世界に認められた著書
・あなたが成功するためには、原因が必要
・すべて自分の選択次第で変えられる
・叶えたい夢や目標を明確に定義する
・時間の断捨離をして、無駄な時間を失くす

おめでとうございます!

あなたは、この記事を読んで人生を変えるための一歩を踏み出しました。

ですが、そのためにたった1つだけ足りないことがあります。はい!わかりますよね?

「行動」です。なるほど~って思っても、それを実践に移さなければ意味がありません。

この記事に書かれているなにか1つでも実践してやってみてください。

あなたが変わるのをワクワクして楽しみにしています!

日本のトップコーチ大毅

僕の自己紹介は次のページ→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする